BTOゲーミングPCで楽しいゲームライフを!

ゲーミングPCとは文字通りゲームをプレイするためのパソコンです。ゲームをきちんと快適に動かせる性能を持ったパソコンと言い換えることもできます。

ゲーミングPCは他にも呼び名があり、ゲームPC、ゲームパソコン、ゲーム用パソコンなんて言う人もいます。でも世界的にも日本的にもゲーミングPCがスタンダードな言い方です。

さて、ゲームはタイトルごとに重さが異なります。安いゲーミングPCでは重いゲームをプレイできないのです。だから正しいゲーミングPCの選び方を知ることが大切です。

ゲーミングPCの選び方

ではどのようにゲーミングPCを選べばいいのでしょうか。ここでは初心者向けに解説します。

デスクトップにするかノートにするか

ゲーミングPCにはデスクトップPCとノートPCがあります。普通はデスクトップを選びます。9割以上デスクトップユーザーだと聞いたことがあります。

デスクトップのほうが高性能で安くて、カスタマイズもできる等すべてにおいて優れています。それに大画面の高性能液晶モニターやゲーミングキーボードを使えるメリットもあります。

どうしてもゲーミングPCを持ち運びたい人だけがゲーミングノートPCを選べばいいと思います。

>> ゲーミングPCに最適なのはノートかデスクトップか

BTOにするか自作するか

ゲーミングPC本体をそのまま買うならBTOがおすすめです。近年BTOメーカーはゲーミングPCに注力しており、あらゆるスペックのデスクトップやノートPCが販売されています。

一方で自分でパーツを全部購入してゲーミングPCを自作することも可能です。自作ならこだわりのパーツを選べるメリットがあるのですが、BTOゲーミングPCで十分な性能を得られますしカスタマイズも充実しているため、最近は自作よりもBTOのほうがおすすめです。

以前自作していたけれど、今はBTOゲーミングPCを選ぶ人が増えています。そもそも自作って別にそんなに安くないんですよ。計算してみるとBTOゲーミングPCと大差ありません。

>> 自作 or BTO?ゲーミングPCを自作するメリット

日本製か海外製か

ゲーミングPCを販売しているメーカーには日本製と海外製があります。大手を分類してみます。

日本 海外
ドスパラ(ガレリア) DELL(ALIENWARE)
パソコン工房(LEVEL∞) HP(OMEN)
mouse(G-Tune) MSI
ツクモ(G-GEAR) Acer

安いのは日本製です。デスクトップ中心でゲーマーの要望を上手く取り入れている印象です。カスタマイズも細かくできるため、私は日本のBTOゲーミングPCをおすすめします。

海外製はなぜかゲーミングノートPC中心です。少なくとも日本では圧倒的にデスクトップが人気なのに、頑なにゲーミングノートPCをプッシュしています。しかも超高額です。なんでこんなに高いんだろうと不思議になるレベルです。海外製ゲーミングPCを買うのはお金を無駄だと感じます。

新品か中古か

ゲーミングPCを最大限安く購入しようとすると中古が候補に入ってきます。ヤフオク、メルカリ等で検索すると中古ゲーミングPCが見つかるでしょう。

でも中古ゲーミングPCは本当におすすめできません。どれだけ消耗しているかわからないため、購入して1ヶ月後に故障しても文句を言えません。

それに中古ってことは古い世代のパーツを使われていて、そもそも低性能なんですよ。新しいゲームをプレイするにはスペック不足でゴミ同然の存在です。

また、保証にも違いがあります。きちんとした中古ショップで買ったとしても1ヶ月の保証しかありません。一方でBTOゲーミングPCを新品で購入したら最低でも1年の無料保証がつき、3年以上の延長保証にすることもできます。

ゲーミングPCの価格は様々

日本製の新品BTOゲーミングPCを買うと決めても、まだまだ先は長いです。予算に応じたパーツやモデルを選ばなければなりません。ゲーミングPCの価格は非常に幅広く、最安値だと8万円、最高値だと60万円くらいします。

また同じ20万円のゲーミングPCでも搭載されているパーツが大きく異なる場合があります。基本的にはグラフィックボードを最優先にして、次にCPUとメモリを選びます。CPUを妥協するだけでワンランク上のグラフィックボードを選べることは覚えておいたほうがいいです。

>> ゲーミングPCを価格から選ぶ

ゲーミングPC一式揃えるために必要なもの

PCゲームで必要になるのはゲーミングPC本体だけではありません。デスクトップなら液晶モニター、マウス、キーボードは最低でも必要です。

私は液晶モニターを2つ、ゲーミングマウス、ゲーミングキーボード、マウスパッド、マウスコードホルダー、ゲーミングヘッドセット、外付けサウンドカードを使っています。

勝ち負けがあるゲームなら高性能なゲーミングデバイスを使ったほうが明らかに有利になれます。ゲーミングPC以外の予算も確保しておくことをおすすめします。

>> ゲーミングPCの選び方

ゲーミングPCにおすすめのBTOメーカー

届くまで早い!有名度№1のドスパラ

日本で一番有名なBTOパソコンメーカーといえばドスパラですね。ドスパラはゲーム推奨PCがどのメーカーよりも圧倒的です。特にドスパラでおすすめなのがハイスペックゲーミングPCです。GTX980搭載やGTX980M搭載されているゲーミングPCは他のBTOメーカーと比べても大変安くなっています。

ドスパラはPCの納期がとっても早いです。最速で当日、パーツのカスタマイズをしていても2日という早さです。パソコンがすぐに欲しい方などはドスパラでゲーミングPCを購入することをおすすめします。

安さ日本一!価格重視ならG-Tune

G-Tuneを一言で言うと「ゲーミングPCがあり得ないほど安い」BTOメーカーです。PCによっては他のBTOメーカーよりも1万円以上安いなんて当たり前だから凄すぎます。価格重視の選び方ならG-Tuneがおすすめです。

ただし、G-TuneではハイスペックPCの値段は他メーカーとあまり変わらないので注意です。更にゲーム用ノートパソコンのラインナップが業界No.1です。他のBTOメーカーがあまり力を入れていないため、ゲーミングノートPC派の方にもG-Tuneはおすすめです。

高いけど超高性能!エイリアンウェア

FPSゲーマーに絶大な人気を誇るBTOブランドです。ただし価格を比較すると他のBTOメーカーよりも高額になります。しかしエイリアンウェアのパソコンはスペックが高いだけでなく、オンラインゲームがサクサク動くように内部を細かくチューニングされています。

だから他のゲーミングPCと同じスペックに見えても、エイリアンウェアのほうが遥かに高性能なのです。ハイエンドPCを探す場合でしたらエイリアンウェアがおすすめです。

ゲーミングPC初心者におすすめ!パソコン工房

パソコン工房では、カスタマイズの自由度が高く、カスタマイズにかかる費用も安くなっています。またパソコンを選ぶ際も不明な点は相談することができます。さらに購入後も24時間365日サーポートを受けることができ安心できます。また初心者でも安心のスタートガイドが付いているので、PCを初めて買う人におすすめです。

一口にBTOメーカーといってもメーカーごとに特色が異なるため似ているようで全く違います。特徴は様々で、安さ重視の店舗、サポートや保証がしっかりとしている店舗、カスタマイズできるパーツの種類が豊富な店舗、その他にも色々あります。自分の目的にあったBTOパソコンメーカーを選びましょう。