40万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

ハイエンドゲーミングPCを買おうと思ったら30万円以上の予算が必要です。基本パーツを揃えるだけなら35万円くらいで購入できます。そこからさらにメモリやストレージをアップグレードすると、ちょうど40万円くらいになります。

40万円のゲーミングPCはメモリやストレージを徹底強化!

40万円以下でほとんど最強のゲーミングPCを手に入れられます。しかしパーツの選び方を間違えると本当に勿体無いことになるので注意しましょう。

グラボ

グラボはRTX2080Tiで固定です。40万円の予算を設定しているのに性能で劣るRTX2080を選ぶ意味はありませんし、逆にさらに上位のTITAN RTXは異常なほど高額で、40万円では全然足りません。

また、RTX2080Ti SLIも40万円では無理です。BTOゲーミングPCでRTX2080Ti SLIを探してみたところ、60万円くらいでした。

CPU

CPUはできるだけ高性能なものを選びましょう。候補はCore i7-8700K、Core i7-9700K、Core i9-9900Kです。もっと高額なCore i9-9820XやCore i9-9980XE等もあるのですが、ゲーミングPCにはおすすめできません。

これらCore Xシリーズはコア数・スレッド数が多い代わりに、動作周波数が低くてPCゲームにはあまり向いていないからです。8スレッド以上で最大4.6GHz以上のCPUを選ぶのが正解です。

となるとCore i9-9900Kが最もゲーミングPCに向いていて、性能も非常に高いです。高性能なCPUを選ぶことにより、ゲーミングPCを長年買い換えなくてもよくなります。

メモリ

メモリは16GBが基本ですが、ここは32GBにしましょう。用途にもよるのですが動画編集や配信をするならメモリ32GBにしておいたほうが絶対に快適です。

ストレージ

500GB SSD + 2TB HDDだとまだ40万円に余裕があります。アップグレードの方向性は2つあります。まず1TB SSDに容量アップするのがひとつ。もうひとつはNVMe SSDに変更することです。

NVMe SSDなら普通のSSDより読み込み速度が5倍以上高速になります。その分価格が高いのですが、変更する価値はあります。最近のゲーミングPC事情を見ていると1TB SSDよりも500GB NVMe SSDのほうが人気があります。

40万円以下のおすすめゲーミングPC

以上の条件に当てはまるゲーミングPCから40万円以下でおすすめのモデルをご紹介します。

ドスパラ「ガレリア ZZ i9-9900K」

ドスパラのハイエンドゲーミングPCでは一番売れているモデルです。RTX2080Tiを搭載し、Core i9-9900K、メモリ16GBとかなり高性能です。

ストレージは最初から500GB NVMe SSD + 3TB HDDと理想的な構成です。メモリ32GBにしてもまだ40万円には達しません。CPUクーラーを水冷に変更するのもおすすめです。

詳細と価格を見る

G-Tune「NEXTGEAR i690PA3-SP2」

G-TuneにもRTX2080TI + Core i9-9900KのゲーミングPCがあります。NVMe 512GB SSD + 2TB HDDなのも似ていますね。でもメモリは最初から32GBになっていて、しかもかなり安いです。

私ならCPUグリスを名のダイヤモンドパウダーに、光学ドライブをブルーレイに、HDDを3TBにカスタマイズしてから買います。とてもおすすめです。

詳細と価格を見る