10万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

「ゲーミングPCを10万円以下で購入できるのか?」という質問に答えるのはなかなか難しいです。知恵袋やTwitterでもこういう質問を何度も見かけています。

これに対する私の回答は「10万円以下で買えることは買えるけど、プレイできるゲームが限定される。それにゲーミングPCの候補も少ない」となります。

10万円以下のゲーミングPCでも妥協はNG!

実際10万円以下のゲーミングPCってあまり多くないんですよ。CPUやグラフィックボードはそれなりでも、メモリやストレージが削られていて、ミドルスペック相当にしたら結局10万円を超えてしまうことが多いです。

だから無理に10万円以下に収めようとするのはおすすめしません。少なくともあなたがプレイしたいPCゲームがそこそこ重いのであれば、15万円くらいは用意しておいたほうがいいです。

逆に軽いPCゲームしかプレイしないのであれば、10万円以下でも大丈夫です。しかしながらゲーミングPCとしてではなく、通常のPCとしての快適性も重要ですから、メモリ8GB、ストレージはSSD + HDDにすることが絶対条件です。

10万円以下のおすすめゲーミングPC

最安値のゲーミングPCを探すと5万円のデスクトップが見つかったりします。でもそれはゲーミングPCとはとても呼べないようなスペックです。購入してもお金の無駄です。だからゲーム用グラフィックボードを搭載したパソコンだけをご紹介します。

ドスパラ「ガレリア DC」

ドスパラで最安値のデスクトップゲーミングPCです。Core i3なのが気がかりではあるものの、軽いPCゲームなら何の問題もありません。メモリは8GB、グラボはGTX1050と価格の割にしっかりしたスペックです。

唯一の問題はストレージです。240GB SSDしか搭載されていません。あまりに容量が足りません。数個PCゲームをインストールしたらいっぱいになってしまいます。だからせめて500GB HDDを追加しましょう。それでも10万円以下に収まるので非常におすすめです。

G-Tune「LITTLEGEAR a340BA1」

INTEL CPUではなくAMD CPUを選ぶと価格が安くなります。G-TuneはAMD Ryzenシリーズを搭載したゲーミングPCが充実しており、10万円以下もちらほら見つかります。

例えばこの小型なデスクトップはGTX1050にメモリ8GBという組み合わせで、ほぼぴったり10万円です。ただしストレージが1TB HDDです。10万円を超えたとしても240GB SSD + 1TB HDDにしてから購入してください。HDDだけのPCは遅くて駄目です。