40万円以上で買えるおすすめゲーミングPC

「普通のゲーミングPC」なら40万円以下で買えます。つまり40万円以上はもう普通ではありません。かなり特殊です。しかもパーツの選び方によっては60万円すら越えます。

あなたがグラフィック性能を極限にしたいのか、エンコード等のためにハイエンドなCPUを選びたいのか等、目的や用途を明確にしてからゲーミングPCを選んでください。

40万円以上のゲーミングPCはSLIかCPU特化

40万円以上というざっくりとした予算感だと、100万円もアリになってしまいます。そんなゲーミングPCを買う人はおそらくいないでしょうから、きちんと意味のあるパーツの選び方に留めます。

グラボ

40万円以上のゲーミングPCで選ぶべきグラボはRTX2080Tiです。TITAN RTXなんてものもあるのですが、ゲーム用とはまったく思えない金額で、コスパが悪すぎるのでおすすめしません。

むしろRTX2080Tiを1つか、それともRTX2080Ti SLIにして2つかで悩むべきです。SLIにすることでRTX2080Tiの1.5~1.8倍くらいの性能になりますから、ハイエンドゲーミングPCが欲しい人には嬉しいはずです。

CPU

CPUの選び方は非常に難しいです。普通ならCore i9-9900Kをおすすめします。そこにRTX2080Ti SLIならちょうどいい感じになります。予算的にも現実的です。

たださらに上位のCore i9-9920XやCore i9-9980Xにすると一気に価格が跳ね上がります。これらのCPUにするとRTX2080Tiは1つが限界だと思ってください。RTX2080Ti SLIにしたら80万円を越えます。

シンプルにゲームをしたいならCore i9-9900Kがベストです。エンコードを爆速にしたいならもっとコア数の多いCPUを選んでください。

メモリ

メモリは16GBか32GBで迷います。40万円以上のゲーミングPCなら相当長持ちするでしょうから、将来的にもっと重いゲームが出てくることを見越して、メモリ32GBにするのがいいでしょう。私ならそうします。

ストレージ

ストレージはいくつかの候補から好きに選んでください。500GB SSD + 3TB HDD、1TB SSD + 3TB HDD、500GB NVMe SSD + 3TB HDDの3つです。

どれを選んだとしても速度も容量も大満足です。爆速にしたいなら値段は高くなりますがNVMe SSDをおすすめします。

40万円以上のおすすめゲーミングPC

用途別に40万円以上のおすすめゲーミングPCをご紹介します。

ドスパラ「ガレリア ZZ-SLI」

とにかくゲームをサクサクにしたい人におすすめです。RTX2080Ti SLIなのでBTOゲーミングPCでこれ以上高性能なゲーミングPCは存在しません。

CPUはCore i9-9900K、メモリは32GB、ストレージは500GB NVMe SSD + 3TB HDDとまさに完璧なパーツ構成です。60万円を越えてしまいますが、これくらいの予算でゲーミングPCを探しているなら一番おすすめです。

ドスパラ「GALLERIA VZ-X」

グラフィック性能よりもCPU性能を重視するならこちらのほうがおすすめです。18コア・36スレッドのCore i9-9980XEが搭載されています。Core i9では最強です。これより上はサーバー用のXeonしかありません。

マルチスレッドを活かしてエンコードを爆速にできます。メモリやストレージも十分ハイエンドです。