15万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

予算が10万円から15万円に増えると、選べるパーツの選択肢がかなり増えます。ただし増えるからこそ迷いが生まれますし、間違ってコスパの悪い組み合わせを選ばないように注意が必要になります。

そこで15万円以下のゲーミングPCが欲しいあなたのために、正しい選び方とおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

15万円以下ならグラボを最優先に!

15万円の予算ではハイスペックなゲーミングPCを買うことはできません。あくまでもエントリーモデルかミドルスペックまでです。そしてこのエントリーモデルとミドルスペックの違いこそが重要になってきます。

グラボ

というのも、CPUもグラフィックボードも高性能にしてしまうと、あっさりと15万円を越えてしまいます。また、ゲーミングPCにおいてCPUを優先するのは間違っています。ゲームをサクサク動かすために重要なグラフィックボードを最優先にしてください。

具体的にはグラフィックボードはGTX1060にするのがおすすめです。GTX1060とGTX1050Tiとでは50%近くも性能に違いがあるため、GTX1050Tiを選ぶのは勿体無いです。

CPU

GTX1060を軸にすると、CPUはCore i5にするのが基本です。Core i7だとまず間違いなく15万円をオーバーしてしまいます。つまり第一候補はCore i5-8500、次点でCore i5-8400です。

メモリ

メモリは8GBがおすすめです。激安ゲーミングPCならもしかしたら16GBにできるかもしれません。ただ、メモリよりもストレージを優先したいです。

ストレージ

15万円以下なら250GB SSD + 1TB HDDのストレージがおすすめです。予算が多少余るなら500GB SSD + 2TB HDDもいいですね。

結論としておすすめのパーツ構成は「GTX1060 + Core i5-8500 + メモリ8GB + 250GB SSD + 1TB HDD」となります。

15万円以下のおすすめゲーミングPC

選ぶべきパーツを理解したところで、15万円以下に収まるゲーミングPCからおすすめモデルをご紹介します。

ドスパラ「ガレリア DT」

理想通りのゲーミングPCです。このまま購入すれば快適に使えます。ただし税込み13万円くらいなので、15万円にはまだちょっと余裕があります。

なぜかメモリ16GBに増やせないため、ここはストレージ容量を増やすのがおすすめです。500GB SSD + 2TB HDDにしてもまだ14万円ちょっとです。

G-Tune「NEXTGEAR-MICRO im620SA1」

もうひとつの候補がG-Tuneです。GTX1060を搭載しているので同じように思えますが、ドスパラはGTX1060 6GB、G-TuneはGTX1060 3GBという違いがあります。GTX1060 6GBのほうがやや高性能です。

逆にCPUは最新のCore i5-9600Kと高性能です。CPU性能を活かしたい人はこちらのほうがおすすめです。ストレージに250GB SSDを追加してもまだ14万円台です。15万円をちょっと越えてもいいなら、メモリ16GBにするのもアリです。