20万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

ゲーミングPCは高額になればなるほど高性能になるわけですが、いわゆる「ハイスペック」と呼ばれるのは15万円以上です。20万円もあれば相当良いゲーミングPCを買えます。

ただし、パーツ構成次第ではミドルスペックになってしまうので注意が必要です。20万円以下で買えるゲーミングPCの正しいパーツの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

15~20万円以下のゲーミングPCが人気!

色々なBTOパソコンメーカーがゲーミングPCを販売しています。その売れ筋ランキングを見ると、いつの時代も20万円以下に人気が集まっています。

安すぎると性能が不安で、プレイできるゲームが限られてしまいます。でも高すぎると買いにくいですよね。つまり一番ちょうど良くてコスパに優れているのが15〜20万円のゲーミングPCなのです。

グラボ

やはり最初はグラボ選びから始まります。グラボの性能次第でゲームがサクサク動くかの70%くらいが決まります。20万円以下の予算ならGTX1060、GTX1070、RTX2060、RTX2070が候補です。

圧倒的に高性能なのがRTX2070ですから一番おすすめしたいです。ただ20万円ぎりぎりになってしまい、他のパーツが限られてしまうのが難点です。

第二候補としてはRTX2060です。RTX2070には劣るものの高性能で、多くのゲームを高画質で遊べます。またメモリを16GBにしてもまだ予算内です。

CPU

CPUによってかなり価格が変わってきます。CPUをCore i5にするのが最も安くなるのですが、グラボの選択肢が少ないというデメリットがあります。

そのためおすすめはCore i7-8700です。どのグラボとも組み合わせられますし、Core i7-8700KやCore i7-9700Kに比べてかなり安いのに、そこまで性能に差がありません。

メモリ

メモリは8GBか16GBのどちらかです。予算云々の前にあなたがプレイしたいゲームについて調べたほうがいいです。重いゲームなら16GBが必須です。軽いゲームなら8GBで大丈夫です。

例えばCore i7-8700 + RTX2070 + 8GBなら20万円以下で収まります。しかし16GBにすると20万円を超えてしまいます。私としては予算をちょっと超えたとしても16GBにして欲しいです。遊べるゲームが増えるだけでなく、全体の快適性も向上するからです。

ストレージ

ストレージはSSD + HDDの組み合わせにしましょう。問題は容量です。250GB SSD + 1TB HDDが最小構成で安く済みます。個人的には500GB SSD + 2TB HDDをおすすめしたいです。どうしても20万円以下にしたいなら容量を上手く調整してください。

20万円以下のおすすめゲーミングPC

なんとなくパーツ構成のイメージが固まったのではないでしょうか。ここからは具体的に20万円以下のゲーミングPCからおすすめのものをご紹介します。

ドスパラ「ガレリア XF」

ゲームを最もサクサク動かせるのがこのデスクトップです。しかもドスパラで一番売れているゲーミングPCです。RTX2070搭載ゲーミングPCなので、20万円以下の予算だと最高性能です。このまま買うとほぼぴったり20万円です。

CPUはCore i7-8700、ストレージは500GB SSD + 2TB HDDと理想的です。唯一気になるのはメモリです。そのままだと8GBです。せっかくRTX2070を選ぶなら16GBにしたいです。

詳細と価格を見る

ドスパラ「ガレリア XV」

今はRTX2060でもすべてのゲームが遊べます。そんなRTX2060を搭載している人気ゲーミングPCがこれです。RTX2070よりも安いため、メモリを16GBに増やす余裕もあります。

ちなみにベンチマークスコア(性能の数値化)はRTX2070を100だとすると、RTX2060が82です。そう考えるとRTX2060搭載ゲーミングPCはコスパ抜群だと感じます。

詳細と価格を見る