25万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

25万円もあればハイエンドゲーミングPCが買えるようなイメージを持っているかもしれませんが、最近はハイスペックがせいぜいです。というのもどんどん高性能なパーツが出てきているため、ハイエンドクラスを買おうと思ったら30万円は必要です。

でも実際には25万円の予算で十分高性能なゲーミングPCを購入できます。それにパーツ選びの選択肢も多く、用途にあったゲーミングPCを探しやすいメリットもあります。

20~25万円のゲーミングPCは選択肢が豊富!

選択肢が豊富ということは、パーツ選びが大変ということでもあります。どのパーツを優先して高性能にするかによって、ゲームの快適性が大きく変わってくるので注意が必要です。

グラボ

25万円の予算ならグラボはRTX2080、RTX2070、GTX1070Tiが候補に入ってきます。RTX2080Tiはさすがに無理です。性能を比較するとRTX2080が一番高性能で、次にRTX2070、最後にGTX1070Tiです。このなかだとRTX2070とGTX1070Tiの差が大きいです。

そうなるとRTX2080を選びたくなるのですが、他のパーツを妥協したとしても25万円をちょっと越えてしまうかもしれません。どうしても25万円以下に収めたいならRTX2070が現実的でおすすめです。

CPU

CPUの選択肢も多いです。さすがにハイスペックなグラボに対してCore i5を選ぶのはおすすめしません。プレイできるゲームが限定されてしまいますし、そもそも高性能グラボとCore i5の組み合わせのBTOゲーミングPCってほとんど存在しません。

だから候補はCore i7-9700K、Core i7-8700K、Core i7-8700の3つです。左から順に高性能なわけですが、そこまで差はないので予算にあわせて好きなものを選べばいいです。

ただ、グラボやメモリを優先したほうが絶対にいいので、高額なCPUを選ぶよりもCore i7-8700KかCore i7-8700にしておいたほうがいいです。少なくともこれから5年間はCore i7-8700で困ることはありません。

メモリ

是非16GBにしたいところです。RTX2080 + メモリ16GBだと25万円をオーバーする可能性が高いです。RTX2070 + メモリ16GBなら大丈夫です。メモリ8GBよりも16GBのほうがプレイできるゲームが増えるだけでなく、フレームレートも高くなるので16GBで決まりです。

もしかしたら32GBを考えている人もいるかもしれませんね。もしも32GBにした場合、RTX2080は無理です。Core i7-8700 + RTX2070 + メモリ32GBなら25万円以下に収まります。

ストレージ

SSD + HDDにするのは当たり前として、あとは容量選びです。25万円のゲーミングPCなら500GB SSD + 2TB HDDがおすすめです。もうちょっと容量が欲しい場合は、3TB HDDにしましょう。

NVMe SSDはまだまだ高額です。高速というメリットがあるのは理解できます。でもグラボやメモリを妥協してまで選ぶ価値はないと思っています。

25万円以下のおすすめゲーミングPC

もうパーツのイメージが固まったでしょうから、最後に25万円以下で買えるゲーミングPCからおすすめのモデルをご紹介します。

ドスパラ「ガレリア ZF」

RTX2070 + メモリ16GBのデスクトップゲーミングPCがおすすめです。税込みでも25万円にまだちょっと余裕があります。パーツが素晴らしいだけでなくコスパも良いので、もうこのゲーミングPCを選んでおけばいいです。

カスタマイズしなくても快適に使える理想的なパーツ構成です。パソコン初心者には嬉しいデスクトップです。仮にカスタマイズするとしたらHDDを3TBに増やすくらいでしょう。

ドスパラ「ガレリア XV」

GTX1070Ti + メモリ8GBのゲーミングPCです。このまま買うと20万円以下に収まります。せっかくなのでパーツを強化していきましょう。まずはメモリを32GBにします。あとはストレージの容量を増やしたり高速化したりするのもいいですね。

がっつり強化しても25万円を越えることはまずありません。ゲーム用途だけでなく動画編集のような作業をしたい方におすすめです。でもゲームの快適性ならRTX2070のほうが遥かに上です。