安くておすすめなRTX2080Ti搭載ゲーミングPC

GeForce RTX20シリーズで最強の性能を持つのがRTX2080Tiです。それより上にTITAN RTXなんてものもあるのですが、2倍以上の価格なので論外です。

だから現実的な範囲で最強のゲーミングPCが欲しいなら、RTX2080Tiをおすすめします。しかしRTX2080Ti搭載ゲーミングPCには色々な種類があり、コスパが良いものもあれば悪いものもあります。正しい選び方とおすすめモデルをご紹介します。

RTX2080Tiにおすすめのパーツ

ではRTX2080Tiと組み合わせるならどんなパーツが相応しいでしょうか。おすすめのパーツ構成を解説します。

CPU

RTX2080TiにはCore i7かCore i9がおすすめです。スレッド数が多いというのもありますが、それ以上に動作周波数が高いことが重要です。

ここ1年の最新ゲームを観察していると、Core i7の8スレッド以上が推奨されることが多いです。また動作周波数が高いほうがゲームが滑らかに動くことが確認されています。

では数年後はどうでしょうか?12スレッド以上、4.5GHz以上が求められるはずです。RTX2080Tiより先にCPUの性能が限界を迎えてしまうのは最悪です。

となると今買うなら最低でもCore i7-8700かCore i7-9700Kを選ぶべきです。理想的でおすすめなのはCore i9-9900Kです。

メモリ

メモリは16GBか32GBです。最新ゲームはすでにメモリ10GBくらい使用します。8GBでは足りないのです。だからほとんどの人には16GBをおすすめします。メモリ不足でRTX2080Tiの性能を活かせないのはあまりに勿体ないです。

将来のゲームに備えたいとか、重いゲームを配信したいとかなら32GBもいいですね。意外と知られていないようですが、メモリ容量が多いほうがゲームのフレームレートが向上します。

ストレージ

500GB SSD + 2TB HDDが最低ラインです。特に安いからと言ってHDDしか搭載されていないRTX2080Ti搭載ゲーミングPCを選んでしまうと地獄を見ます。HDDだけだと動作が遅くてイライラします。

予算に余裕があってもっと快適性を向上させたいなら、500GB NVMe SSD + 3TB HDDなんて構成がおすすめです。NVMe SSDにすることで読み込み速度がさらに5倍速になります。

おすすめのRTX2080Ti搭載ゲーミングPC

以上の条件を満たした上でコスパが良くておすすめのRTX2080Ti搭載ゲーミングPCを探してみました。

ドスパラ「ガレリア XZ」

最安値の激安RTX2080Ti搭載ゲーミングPCがドスパラにありました。RTX2080Ti搭載デスクトップって35万円以上することが多いのですが、20万円台に収まっているとは衝撃です。

CPUはCore i7-8700なので最低限はクリアしています。ストレージもいいですね。でもメモリは8GBしか搭載されていません。だから16GBに容量アップしてから購入してください。

詳細と価格を見る

ドスパラ「ガレリア ZZ i9-9900K」

長く使いたいなら高性能なCPUを選んでください。このデスクトップは理想通りCore i9-9900Kが搭載されていて、メモリも16GBです。

さらにストレージはNVMe 500GB SSD + 3TB HDDです。完璧じゃないですか!しかも他のBTOメーカーよりも安いのでとてもおすすめです。

詳細と価格を見る

G-Tune「NEXTGEAR-MICRO im620PA2-SP」

高性能なのにコスパ最強なのがG-Tuneのデスクトップです。Core i9-9900Kなのはいいとして、メモリは32GBと大容量です。ストレージもNVMe SSDが採用されていて文句なしです。

よくみるとCPUクーラーが水冷になっています。CPUファンよりも水冷のほうが冷却性能が高く、CPUにとても優しい存在です。ここまで盛り盛りなのに意外と安くておすすめです。

詳細と価格を見る