キーボードのクリーニング方法と掃除道具

ゲーミングキーボードに限らず手の触れる製品は日々使用することで必ず汚れが生じます。ホコリはもちろん手垢などの皮脂汚れが多くなると見た目はもちろん使用時に不快と感じるため定期的なクリーニングがお勧めです。そこで今回はキーボードのクリーニング方法とクリーニング用品についてご紹介します。

ホコリの除去と皮脂汚れの除去は同時に出来ない

様々なクリーニング製品が流通していますが、ホコリ向けと皮脂汚れ向けの2つに分かれます。キーボードのクリーニング方法もこまめにできる簡易的なものと徹底的なクリーニングで大きく異なるため、汚れ具合やどこまで労力をかけられるかというユーザーのスタイルに合わせたクリーニング製品選びをしましょう。

ホコリの除去ならエアダスターとサイバークリーン

キー同士の間や奥に溜まりがちなホコリはエアダスターで吹き飛ばす方法が簡単です。エアダスターのストローを使わないと極端に威力が落ちるため必ずストローを使用しましょう。

エアダスター以外にもホコリに有効なクリーニングとしてサイバークリーンで吸着する方法があります。サイバークリーンはスライムのような柔らかく独特な質感を持つクリーニング製品で小さな隙間に押し当てることで奥にあるホコリを吸着できます。

どちらも皮脂汚れやヤニ汚れには効果がありませんが、こまめにクリーニングすることでキーボードにホコリが溜まりにくくなります。

タバコのヤニが酷いときは無水エタノール

ヤニはキーボードがべたつく原因やホコリと一体化して頑固な汚れになる原因になります。軽度のヤニ汚れなら水拭きである程度綺麗に出来ますが、完全なクリーニングを目指すなら無水エタノールを含ませた布で拭き上げましょう。無水エタノールはパーツや接続端子のクリーニングでも活躍するため常にキープしておきましょう。

メンブレインタイプのキーボードならキートップを外して水洗い可能

キートップを交換できるタイプのゲーミングキーボードに代表されるメンブレイン仕様のキーボードなら分解してキートップを水洗い可能です。最初にキーボード全体の写真を撮り、無理な力をかけないようキートップリムーバーを使って一つ一つ取り外します。

キートップは皮脂汚れに強いアルカリ性の洗剤につけ込んで洗浄すれば一気にクリーニングできます。キートップを乾燥させる際は裏側に水滴が残りやすいため、エアダスターで水滴を吹き飛ばすと早く乾燥できます。キーを戻す際は写真を見ながら取り付けると迷わず作業できます。

ノートパソコンのキーボード掃除は慎重に

ノートパソコンで採用されているキーボードはパンダグラフ仕様が一般的でキートップの取り外しは困難です。さらにとても小さなプラスチック機構のため強く拭き上げると破損させてしまうこともあり、優しいクリーニングを心がけましょう。ホコリや細かなゴミが詰まって使用に問題が出てくる際は逆さにしたままエアダスターで吹き飛ばすと効率的に除去できます。

水で丸洗いできるタイプのキーボードや安いキーボードを定期的に買い換える方法も

キーボードのクリーニングは掃除用具の購入など一定の手間がかかってしまいます。しかしキーボードを丸ごと水洗いできれば少ない手間で徹底的にクリーニングできます。

飲食しながら長時間のゲームプレイ中に挑むユーザーも多く、飲食物をキーボード上にこぼしても故障しない防水キーボードというジャンルの製品が流通しています。製品の種類は多くありませんが、防水性のゲーミングキーボードも販売されいるためこれからキーボード購入予定がある際は検討してみましょう。

また安価なキーボードを使い潰してクリーニングを諦めるという選択肢もあります。こまめに使用して消耗するクリーニング用具を購入し、手間をかけてクリーニングすることを考えると一年に一回安価なキーボードを購入する方も効率が良いとも言えます。

まとめ

ゲームプレイで長時間触れるキーボードは汚れやすく、不衛生な状態で放置したくはありません。しかしクリーニングには手間がかかり、わずかながらリスクを負うことになるため慣れない間は防水性のキーボード製品やキーボードそのものを買い換える方法も有効です。

もし高価なゲーミングキーボードを購入するならキートップリムーバーの容易やクリーニング方法の確認もした上で購入しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA