安くておすすめなGTX1650搭載ゲーミングPC

ライトゲーマ向けのグラフィックボードの中でも特に安いのがGeForce GTX1650です。GTX16シリーズでは最下位の性能とはいえ、意外と幅広いゲームを遊べるグラフィックボードのため、なかなか人気があります。

最安値のゲーミングPCを買いたい場合、自然とGTX1650搭載デスクトップが最有力候補になります。ただしGTX1650搭載ゲーミングPCのパーツ構成によっては高額になってしますので選び方には注意が必要です。

GTX1650におすすめのパーツ

GTX1650以外のパーツを高性能にすると価格も高くなります。正直他のパーツにお金をかけるくらいなら、グラフィックボードをアップグレードして、GTX1660搭載ゲーミングPCやGTX1660Ti搭載ゲーミングPCを選んだほうがいいです。そこで、GTX1650と組み合わせるのにおすすめのパーツを解説します。

安くておすすめなGTX1660搭載ゲーミングPC 安くておすすめなGTX1660Ti搭載ゲーミングPC

CPU

CPUはCore i7にしないほうがいいです。Core i7はCore i5に比べると数万円高くなってしまいます。それならCore i5 + GTX660にしたほうがコスパは良くなります。

GTX1650搭載ゲーミングPCにはCore i5-9400やRyzen 5がおすすめです。最近はRyzenが優秀な割に激安なので、GTX1650にぴったりです。

最安値にしたいならRyzen 5 2600かRyzen 5 3600、ゲームでの性能を優先するならCore i5-9400にしましょう。

メモリ

メモリはちょっと悩みます。どのGTX1650搭載ゲーミングPCもメモリは8GBが搭載されていて、ほとんどのゲームは8GBで大丈夫です。メモリ16GBを必要とするゲームにはそもそもGTX1650では性能不足です。

けれどもメモリ16GBにしておいたほうがすべての動作が快適になるのも確かです。プラス1万円を出す余裕がある場合は、8GBから16GBに増やしましょう。

ストレージ

どんなに安いゲーミングPCが欲しかったとしても、250GB SSD + 1TB HDDが最低ラインです。高速な250GB NVMe SSDが搭載されている場合もあります。

ストレージ容量は多ければ多いほどいいです。少ないといずれ絶対に困ります。私なら500GB SSD + 1TB HDD、あるいは500GB SSD + 2TB HDDにカスタマイズしてから購入します。ストレージは本当にケチらないほうがいいですよ。

おすすめのGTX1650搭載ゲーミングPC

GTX1650搭載ゲーミングPCの価格は9~15万円くらいです。コスパが良くておすすめのGTX1650搭載ゲーミングPCだけをご紹介します。

ドスパラ「ガレリア DH」

ゲーム用として一番おすすめのデスクトップがこれです。Core i5-9400Fにメモリ8GBです。メモリを16GBにするかどうかはお好みです。

ストレージは1TB HDDしか入っていないので、250GB SSDか500GB SSDを追加してから購入してください。HDDだけだと動作が重くて駄目です。

詳細と価格を見る

ドスパラ「ガレリア RH5」

激安でおすすめなのはこちらです。Ryzen 5 3600が搭載されているのに約10万円で購入できます。Ryzen2000シリーズよりも高性能でコスパも良くなりました。PCパーツは最新世代を選んだほうがいいです。

またストレージは最初からSSD + HDDの組み合わせです。カスタマイズをあまり考える必要がないため、パソコン初心者におすすめです。

詳細と価格を見る

GTX1650搭載ゲーミングPCはドスパラで探すことをおすすめします。他のメーカーのも一通り調べてみたのですが、パーツのバランスが悪かったり、ドスパラよりも高額だったりしていまいちでした。